キャッシング枠での現金化のデメリット

HOME » ショッピング枠とキャッシング枠 » キャッシング枠での現金化のデメリット

キャッシング枠での現金化のデメリット

クレジットカードのキャッシングのデメリットについてお話します。

1利子が高めである
クレジットカードのキャッシング枠を使って現金を得ることは借入れを行うことと同じです。
借入れには返済時には必ず一定の利子が上乗せされることになりますが、適用される金利によってその利子の大小が決まります。

当然、金利が低ければ、利子も少なくなりますが、クレジットカードのキャッシングの金利は利息制限法に制限されている上限金利ギリギリの設定になっている場合がほとんどです。
100万円未満の融資の場合、18.0%です。
同じ金額を借り入れたとしても、より低い金利で借入れできる消費者金融や銀行カードローンと比較すると、クレジットカードのキャッシングは返済の際、負担が大きいといえるでしょう。

2借金をしているという意識をもてる人が少ない
クレジットカードのキャッシングでは、自分が持っているカードを使えばいいだけで、新たに借入れの審査を行う必要がありません。
このこと自体はメリットとして考えられますが、そのため、消費者金融や銀行カードローンに申し込む場合と違って、面倒な審査の申請や職場の在籍確認といったような過程を全部飛ばして借入れができてしまいます。
これが借金をしているという意識を希薄にしてしまう1番の原因です。
クレジットカードのキャッシングも消費者金融や銀行カードローンと同じく、借金であるという意識をしっかりともっておくことが大事です。

3大口のローン審査に与える悪影響
クレジットカードのキャッシングをしているということは、金融機関からみると、すでに借りているお金としてカウントされます。
キャッシング利用者が住宅ローンや自動車のローンなどを契約しようとするとき、契約の金額が大きいほど、当然ながらそれだけ審査も厳しく、慎重になされます。
金融機関は契約の申し込み者が本当にちゃんとお金を返す能力があるのか、信用情報機関を通じて申し込み者の信用情報を確認します。
キャッシングをすると信用情報機関にその情報は記録されます。